Cacao Hunters' Dark Chocolate

バレンタインに、待望のカカオハンターさんの

チョコレートを食べました...。

カカオハンターの小方真弓さんの作品です。

(まさに、作品というべきチョコレート)

https://www.facebook.com/CAFECACAO.CO/

 

丸山珈琲さんで販売されている

カカオ71%のMagdalenaというもの。

この70%ではなく71%という表記に、

すでにものすごいこだわりを感じます。

 

パッケージを開けて溢れ出す芳醇な香り、

チョコレートの袋を開けて、そんなこと初めてです。

 

小さな一かけを口に含んでゆっくりと舌の上で溶かし

香りが鼻に抜けるようにして...

チョコレートってこんなに香りがあるものだっけ...。

 

香りの豊かさに驚かされます。

 

これまでカカオ70%以上のチョコレート、

幾度も食べてきたはずなのに...

 

それから香りの想像に反した味がやってきます。

 

酸味とコク。

チョコレートにコーヒーのような酸味があるのです...。

甘みと酸味のバランスが素晴らしく、コク深く、

はじめは驚いたのですが、慣れてくるとやみつきになります。

 

チョコレートを追求するということは、

植物としてのカカオ豆を追求するということで...

カカオって植物だった!ということを

初めて感じたチョコレートでした。

 

チョコレートがこんなに奥深いものであったとは。

 

チョコレート好きの方には

ぜひ一度食べていただきたいです。

(特別パッケージは活版印刷+箔押しで

贈り物にも...)

 

小方さんの心意気、確かに受け取りました。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL