Krimgen関連のお知らせを書いています。掲載作品のお問い合わせ大歓迎です。
8日から通販可能です

ありがとうございます。

連日たくさんの方にお越しいただいている「英国とアリス展」内

Krimgen個展スペースからお知らせです。

 

オンラインショップでは

英国とアリス限定ノート(600円+税)、マスキングテープ(600円+税)、

「英国とアリス」限定画集(1,500+税)、新作&限定ポストカードセット

それからオススメのThank Youカードセット(6セット入り)をご紹介しております。

http://coronarosarum.com/?mode=cate&cbid=1847302&csid=0

 

*Oxford x 「英国とアリス」限定とは:

イギリスはオックスフォードにございます、世界的に有名なAlice's Shop Oxfordさまと

「英国とアリス」展だけで展開するKrimgenの限定イラストです^^。

 

お待たせいたしました!8日からは上記URLの通販に加えまして

会場にあるすべての商品、作品が通販対象となります。

 

大きな原画作品:Victorian Girl 20,000円+税

A5程度の小さな原画作品:¥15,000円+税

額の表面保護板はすべて紫外線カット率90%のアクリル板を使用しております。

 

複製原画:¥3,000+税

キャンバス生地にプリントして風合いを大切にした

マット台紙付きの複製原画です。

A5サイズの額に収めて飾っていただけます。

オススメです^^。

 

限定画集¥1,500+税:「英国とアリス」だけで販売、そして販売部数が限定の画集です。

 

小さな手のひら原画、一点だけお求めいただけます。

¥3,000+税(右下の女の子とベアがお待ちしております。)

 

こちらもOxford x 「英国とアリス」限定イラストのしおりです。

¥190+税

 

こちらのハンコ、DDRベアだけ残っています。でもごくわずか...(5/6時点で3点でした)

 

 

Krimgen x ゆめの小箱DreamBox*

シャドウボックス作品:各¥30,000+税

こちら4点は先述のOxford x 「英国とアリス」限定イラストのシャドウボックスです。

「英国とアリスでしか手に入らないものですので、ぜひこの機会に...!

 

 

小さなシャドウボックス作品:¥10,000+税

小さくても存在感があります。

暖かな木の額が、イラストの柔らかな色彩とよく合います。

 

 

 

シャドウボックス作品の詳しいご紹介は

こちらをご覧ください。

「英国とアリス」主催者様がとても素敵にご紹介くださいました^^

http://aliceexhibition.blog.fc2.com/blog-category-2.html

 

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
作品ご紹介

ポストカードの新作です。

たくさんの絵柄がございますが、裏をみていただきますと...

これまでのKrimgenポストカードと違うデザイン!

になっております。

会場でたくさんの紙ものの中から、わさわさと探し出していただければ幸いです...!

 

通販のご案内

http://coronarosarum.com/?mode=cate&cbid=1847302&csid=0

*ご紹介しているものはすべて通販可能です。

 

印刷は日本の印刷所さんにお願いしましたので

非常に綺麗です...

紙も、柔らかく手触りの良いアラベールという紙にいたしました。

いつものKrimgenポストカードより厚みもあり、

高級感がございます。

 

2017.5.3(Wed) ~ 9(Tue) 「英国とアリス」展

阪急うめだ本店10階SOUQ 中央街区にて

お待ちしております...!

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
オンラインショップのご紹介

2017/5/3~9開催の「英国とアリス」展に出品します作品を

ウェブショップでお買い求め頂けるようになりました。

新作がたくさんございます。

 

おすすめは「英国とアリス」販売、限定42部の

Krimgen個展"Imaginary Cabinet"画集です。

サインカード付き、サインカードのイラストは一点一点異なります^^。

 

http://coronarosarum.com/?mode=cate&cbid=1847302&csid=0

 

こちらは名刺サイズのカードセット(カードと封筒が6セット入り)!

すべてThank Youを伝えるカードです。

母の日と父の日に、ぜひお使いください^^。

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
バラのウェディング

 

カリグラファーひがしはまねさんご協力のもとお客様にお届けしております

ウェディングのウェルカムボードに新しいシリーズが加わりました。

 

〜Roseシリーズ Pink, Blue〜

 

伸びやかな直筆モダンカリグラフィーで

お二人だけの特別なウェルカムボードを

お作りいただけます。

白いペイントの木の額はレストランウェディングや

ガーデンウェディングにぴったりです。

 

お二人の横顔のお写真から、Krimgenが似顔絵をお描きします。

(似顔絵部分、Roseは印刷です。)

小鳥や小動物なども追加できますので特別な一枚を一緒に作りましょう!

 

ご注文は直接info@krimgen.comにご依頼頂いてもよろしいですし、

minneのKrimgenオンラインショップでは様々なお支払い方法でもご購入いただけます。

https://minne.com/@krimgen

 

思い出に残る素敵なウェルカムボードをお届けできれば幸いです。

 

 

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
作品ご紹介

こんにちは。お久しぶりの更新です。

5日前に日本へ発送を終えました作品の数々を少しづつ

ご紹介していきたいと思います。

 

2017/5/3日~9日「英国とアリス」阪急うめだ本店SOUQ

Krimgen個展Imaginary Cabinetコーナーでご覧ください^^

 

こちらの原画は額装と彩色を新たにして、His Dogsというタイトルになりました。

 

Green Parks

ロンドンの街灯が印象的で、街灯とその街灯みたいな服のヴィクトリア期の男の子を描きました。

 

 

こちらの原画も装い新たに登場

オーストリアの田舎町に来た女の子、というテーマで描きました。

 

 

お求め安いてのひら原画も取り揃えております。

5.5x5.5の小さな原画ですが、ほっとする雰囲気、伝わります。

 

アリスの原画作品はこちらの一点だけ。

白とピンクとブルーでまとめたアリスです。

不思議の国で迷っているアリス、不安な様子が手に現れています。

額装はデッドストックの花がら紙で作りました。

 

 

そして最後に、今回の個展のメインの大きな絵のご紹介です。

Krimgenは小さなおうちに飾っていただける原画作品を目標に製作しておりますので、

大きいとは申しましてもA4サイズですが、見ごたえのある作品になっておりますので

ぜひ実物をご覧ください。

白とミントブルーの爽やかな作品です。

額はアイボリーの凝ったものになる予定...なのですが、日本で額に入れていただくので

現時点ではお写真ございません^^。

 

 

原画の実物から、やわらかな紙の質感やビンテージ感のある彩色、あたたかさなど

感じていただければ幸いです。

 

大阪は阪急うめだ本店SOUQにて5月3日より一週間、たくさんの作品が

皆様をお待ちしております!

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
カリグラフィー体験教室

春です。心弾むこの季節に、新しい習い事はいかがですか?

カリグラファーひがしはまねさんのモダンカリグラフィー教室に、

Krimgenがイラストを提供しています。

 

モダンカリグラフィーの書体を練習していただいて、

Krimgenイラストのカードを使ってご自由に作品作りをしていただくというワークショップです。

 

 

◆日時:4月18日(火)14時〜16時
ワークショップ14時〜15時30分
ティータイム15時30分〜16時(予定)
◆場所:オーロラキッチン(東京都墨田区京島1丁目49-8 1F)
http://aurora-kitchen.jp/
◆受講料:1500円+ワンドリンク(当日オーダー下さい) 
◆定員:8名程度(先着順)

◆カリグラフィーの道具は貸出致します。A4の入るお持ち帰り袋をご持参ください。

*キャンセルについて*
2日前より全額のキャンセル料をお振込頂きます。
(参加費1500円+ワンオーダー分500円)
 
◆◆お申込・お問合せ◆◆
こちらのフォームをご利用ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S74234541/

 

講師:カリグラフィーファクトリー ひがしはまね
HP:http://hamaneca.wixsite.com/calligraphyfactory
ご不明点などお気軽にFBメッセージやメールにてお待ちしております。hamane_ca@ybb.ne.jp

 

教材イラスト:Krimgen 

HP:http://www.krimgen.com/

 

出来上がった作品はぜひ飾ってお楽しみください^^。

春の贈り物に、母の日へのご準備に...と様々にお使いいただけます。

この文字は私の手書きなんだよ...!とぜひご自慢ください。

 

当日にはKrimgen原画作品の展示販売もございますのでお楽しみに^^

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
春です。

 

すっかり春らしくなり、上着もいらないくらいのグラーツです。(写真はザルツブルグですが...)焼き栗屋さんは店じまいし、街角のアイスクリームショップが続々とオープンしています。(冬の間はアイス屋さんはオープンしません、代わりに焼き栗屋さんがオープンします。)上着を着て、少々厚着で出かける→歩いているうちに暑くなる→アイスが食べたくなる、という図式で、アイスを食べ歩く人ばかり。暖かいといっても最高気温15度程度ですので、アイスを食べるには寒いと思うのですが、冬が長くて厳しくて暗いので、春になるとみんなうきうきするのだと思います。

 

私はイースターが近づくと並び始めるピンツェというパンが楽しみでなりません。

 

「pinze brot」の画像検索結果

画像元:http://reisenbergerbrot.at/produkte/osterpinze/

これ...。卵たっぷり、しっとり生地。オレンジやレモンの香りもします。

パネトーネ風にパッサリ系の生地もありますが、私はしっとりもっちり系が好きです。

グラーツでしか見ない(しかし市内にはいくつもある)パン屋さん、AUER (Martinの方)のピンツェ食べたいなー...

Martin AUER: http://www.martinauer.at/

このリンク先の写真にありますが、グラーツ市内はAUERの宣伝カー、カラフルなMINICooperが走り回っています。

私はピンクのしか見たことがありませんが、ピンクのMINIはとってもかわいいです。

 

ファーマーズマーケットなどで売られているピンツェもとっても美味しいです。

今は土曜の朝。書いていてピンツェを食べたくなったのでファーマーズマーケットに出かけようと思います^^。

 

 

 

日常 comments(0) trackbacks(0)
作品紹介&イベント参加

春が近づいていますね。日差しの暖かさに誘われて、薄着で出かけて後悔する、というのを何度か繰り返し

毎日段々と暖かくなってきているのを感じます。

日本だと春は桜色ですが、こちらオーストリアは春はグリーンとイエローです。(おそらく!)

でも日本人なので、春は桜餅が食べたくなったり、桜色の花に心惹かれます。

日本の桜はもう6年見ていませんが、いつかまた満開のソメイヨシノを見たら、どんなに感動することでしょう。

桜といえば長谷川町子美術館所蔵の桜の絵は見事なものでした。

春になると木次の桜並木と、あの絵をいつも思い出します。

 

 

こちらも桜色の原画作品。

桜色のマットにゴールドのインクで模様を描きました。

女の子のほっぺたと、帽子もほんのり桜色です。

minneでお求めいただけます。https://minne.com/@krimgen

 

 

こちらのイラストは東ドイツ時代のテディベア、DDRベアを描きました。

(DDRベアはLottiさんから色々とご紹介いただき好きになりました。

顔が平面的で、額が広いのが特長です。実物はなんとも言えない味があります。)

総柄のパターンで、スマホケースなどとして登場いたしますので

クマ好きさん、ご期待ください!

 

 

- - - ==- - - == - - 2017年Krimgen参加イベント一覧- - == - - -== - - - -

2017年5月3日〜 「英国とアリス」(会場内でKrimgen特設展)(阪急百貨店うめだ本店10階SOUQ)

2017年5月27日(土)&28日(日)ヨコハマハンドメイドマルシェ両日参加

2017年6月2日〜11日 Krimgen個展(神戸、雑貨店アトリエシード内)

2017年9月1日(金)〜5日(火)Krimgen個展(代官山、東京)*全日、全時間帯にKrimgenが在廊します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
はじめてのロンドン

 

赤い二階建てバス、大都会のロンドンに行きました。

お仕事と勉強を兼ねての一人旅です。

 

春ほど近いロンドン。

オーストリアより暖かくてびっくりしました。

写真は鳩じゃないんですよ。くちばしが黄色い見たことのない鳥...

Green Partにいました。

 

バッキンガム宮殿の前で。ロンドンの街灯の形がかわいらしくて、メアリー・ポピンズの映画を思い出しました。

郊外のおうちも煙突が多くて、レンガも表に出ていてオーストリアと違うなあと。

またまたメアリー・ポピンズの煙突掃除の歌を思い出したり。

 

Green Parkの近く、F&Mという老舗デパートに行きました。

素晴らしい店内でした。内装と商品がトータルでデザインされていて

洗練されています。

こんなに洗練された店内というのは初めて見ました...。

ウィーンにも有名なお店は多々あれど、ロンドンのそれは伝統とモダンが見事に融合していました。

すばらしい...!

 

 

ロンドンといえばというものは多々あれど

青と赤のイギリスカラーのPaddington Bearはやっぱりかわいい。イラストがお話にぴったりです。

お話はたくさんのシリーズがあり、(第1巻は「くまのパディントン」)

パディントンがめちゃくちゃするので面白いんですよね。バカな子ほどかわいいというか...

 

OxfordのAlice's Shopさんに「英国とアリス」主催者さまと行く予定が...

今回ロンドンで体調を崩して寝込んでいる日があり行けなかったのが心残りです。

オーストリアからイギリスはすぐなので、また近いうちに必ず...!

旅行 comments(4) trackbacks(0)
Cacao Hunters' Dark Chocolate

バレンタインに、待望のカカオハンターさんの

チョコレートを食べました...。

カカオハンターの小方真弓さんの作品です。

(まさに、作品というべきチョコレート)

https://www.facebook.com/CAFECACAO.CO/

 

丸山珈琲さんで販売されている

カカオ71%のMagdalenaというもの。

この70%ではなく71%という表記に、

すでにものすごいこだわりを感じます。

 

パッケージを開けて溢れ出す芳醇な香り、

チョコレートの袋を開けて、そんなこと初めてです。

 

小さな一かけを口に含んでゆっくりと舌の上で溶かし

香りが鼻に抜けるようにして...

チョコレートってこんなに香りがあるものだっけ...。

 

香りの豊かさに驚かされます。

 

これまでカカオ70%以上のチョコレート、

幾度も食べてきたはずなのに...

 

それから香りの想像に反した味がやってきます。

 

酸味とコク。

チョコレートにコーヒーのような酸味があるのです...。

甘みと酸味のバランスが素晴らしく、コク深く、

はじめは驚いたのですが、慣れてくるとやみつきになります。

 

チョコレートを追求するということは、

植物としてのカカオ豆を追求するということで...

カカオって植物だった!ということを

初めて感じたチョコレートでした。

 

チョコレートがこんなに奥深いものであったとは。

 

チョコレート好きの方には

ぜひ一度食べていただきたいです。

(特別パッケージは活版印刷+箔押しで

贈り物にも...)

 

小方さんの心意気、確かに受け取りました。

 

 

日常 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/60 | >>